いちりゅう南宮崎店

いちりゅうの人気メニュー「辛冷麺」とは!?

公開日:

最終更新日:

毎年4月になると、いちりゅうのもつ鍋の代わりに出てくる季節限定商品「辛冷麺」が登場します。
辛冷麺はつけ麺タイプの冷麺。お好みで辛さを調整でき、お子様から大人まで食べられちゃう一品です。

宮崎で有名なのは、赤いスープにこんにゃく麺を使った辛麺ですよね。バイヤーウシザワもこの辛麺は大好きで、よく食べます。最近では、宮崎県内のいろいろな焼肉屋さんが辛麺を出していますよね。

僕自身も辛麺をお店で出そうか悩んだんです。でもなんか同じものを出しても面白くないんです。自分は結構天邪鬼なんです。同じものではなく違う辛麺を作れないか、そんな発想からスタートしました。

それで思いだしたのが、僕の出身の広島にある広島風つけ麺。辛いつけダレに麺をつけて食べるんです。
これを参考にして、試行錯誤の末堂々完成!!

辛麺の麺は通称「こんにゃく麺」と言われますが、この麺は、もともと冷麺に使う麺なので冷麺との相性は抜群!
ただ、どこのお店でもつけ麺の冷麺は見たことがないので、何か作らない理由があるのかと思っていましたが、ことのほかうまいものができてしまいました(笑)

ということで、いちりゅう南宮崎店夏の名物「辛冷麺」が完成しました。
唐辛子は、あとから自分のお好みで入れられるので辛さの調整ができます。
この唐辛子、韓国唐辛子を使っていて、つまんで食べてもそんなに辛くありません。辛麺の辛さ3倍を食べられる人は、これぐらいの量を2杯ほど入れるのがオススメです。

辛くないからといって入れ過ぎてしまうと、やっぱり唐辛子なので辛くなります。、なのでまずは2杯入れてから、あとは少しずつ辛さを調節しながら入れていきましょう。

薬味に小ネギと海苔、揚げ玉をつけています。お好みですが全部入れて食べると美味しいですよ^^

1人前だと足りない方には、2人前や替え玉、追ダレの追加メニューもありますので、締めの一杯をお好きな量で食べてみてください。
裏技でタレにご飯を入れて食べても美味しいですよ。

夏にカプサイシンを摂取して夏バテ防止

そもそも、運動をしたわけでもないのに、辛いものを食べただけで身体が一時的に暑くなり、汗が出てくるのはなぜでしょう?

それは唐辛子に含まれる辛み成分「カプサイシン」が関係しています。
体内に吸収されたカプサイシンは血流に乗って、中枢神経の受容体に結合します。中枢神経に刺激があることで司令が伝わり、交感神経系の出先である副腎からアドレナリンが放出されます。このアドレナリンがエネルギー代謝を促したり、発汗を促進。 発汗することで人間の身体は熱を体外へ放出し、涼しさを感じるというわけです。

適度な辛さは胃を程良く刺激し、食欲を増進させる働きもあるため、食欲が落ちてしいがちな夏にもぴったり!

いちりゅうの辛冷麺を食べて、暑い夏を乗り切りましょう!

関連記事