いちりゅう南宮崎店

いちりゅう南宮崎店の挑戦〜オリックスバファローズ春季キャンプでの出店

公開日:

最終更新日:

いちりゅう南宮崎店は、2月1日から3月3日まで宮崎市清武総合運動公園(SOKKENスタジアム)で行われたオリックスバファローズ春季キャンプに出店しました。

オリックスキャンプは5年前から始まり、いちりゅう南宮崎店は初回から出店。今回で5年目を迎えます。

キャンプ出店はチャレンジの場

このオリックスキャンプでは露店形式で出店していますが、キャンプ期間中の約1ヶ月という長期の露店出店は非常に珍しいケースです。

だからこそ、いろいろ考えてチャレンジできる面白さがあります。

5年目ということで、毎年改善してきた結果、今回は外観をこんな感じに目立つようにしました。

5年目になるとお客様がどんな人たちかわかってきます。だいたい7割以上が県外のお客様です。

そして毎年来られるお客様、そう、1年に一度出会う常連のお客様です。
なんだかんだ1年経っても覚えているもので、「あれ、この方は確か…」と思い聞いてみると笑顔になってくれたりと、1年ぶりの再会に懐かしさを感じる場面も。そんな素敵な常連のお客様に出会うのもオリックスキャンプの面白さかもしれません。

オリックスキャンプで誕生した、いちりゅうオリジナル商品

オリックスキャンプで初回から出店しているいちりゅう南宮崎店は、「いちりゅう丼」という丼がメイン商品です。当初はお肉だけの販売でしたが、お客様からご飯の要望が強く、ご飯に乗せることにしました。そしてさらに改良を加え、現在のいちりゅう丼が完成しました。

このいちりゅう丼、オリックスキャンプで毎年スタッフさんに人気の商品となりました。
土日祝日には、行列もできるいちりゅう丼。毎年進化を続けてできる限りお客様に喜んでいただきたい。そんな思いの詰まった一品です。

そのほかにも、チキン南蛮とカレーを合わせたチキン南蛮カレーは、今年はチーズを上に乗せて焼く形を追加しました。

そして、カレーパンとパンケーキはなんと炭火で焼く形をとりました。これが、表面がカリッとして美味しいんです。

また、実店舗で人気のもつ鍋のスープは、ご飯の上にかければ雑炊になります。

今考えれば、5年で商品数もこんなに増えたんですね。考えるということは重要で、そして行動に移して実現することもまた大切です。

常にオリジナルの商品を開発し、ほかでは出会えないそんな商品を目指して頑張りたい。本当に勉強になるオリックスキャンプです。

来年も新しいお客様、そして1年に一度出会えるお客様のために頑張ります。

関連記事